2017年7月9日日曜日

2017 アジング・サバング? in 名護屋

2017年7月8日 大潮 21時30分 満潮 曇り

九州北部は大雨注意報が発令されてましたが、天気が回復したので呼子方面に遠征です。

大雨による水潮や漂流物が多くあり、場所を移動しながら結局、名護屋港で釣する事にしました。運よく、漂流物もなく、釣り客も少なめでした。

足元には沢山小魚が居て、以前来た時のバチ抜け状態ではなく期待大です。

ジグヘッド1gで2.4インチのワームを付けて探ります。

1投目で20カウント沈めて、アタリはありましたが、以降、反応がありません。

暫くすると、水面下が、ぴちゃぴちゃ魚が沸いてます。

ジグヘッドを0.8gに変更、ワームも1.8インチに変更します。

キャストして直ぐに表層を意識して誘うとコツコツと豆アジが掛かりました。

針を外すときに地面に落としてしまい、砂だらけになって掴むのに時間が掛かったので、ギャラリーの猫にプレゼントしてしまいました。

表層ではサイズが小さいので15カウント付近を探るとググッとアタリがあり走ります。

引きも強くて水面下まで寄せても走ります。ばらさないように揚げるとサイズは良いのですが体高が小さい。

しかもバイブレーションが強いなと思ってよく見ると「サバ」でした。

ぶるぶる震えるサバ

さらに2連荘しましたが、再度ワームを変更して探り直します。

ワームは飴色の「メタボブリリアント」1.5インチ!

変更してゆっくり沈めてる途中で、もさっと感があったので合わせるとHIT!
しかーし、ドラッグがキツイのか鯵の糸が細いのかラインブレイクです。

 逃した魚は大きかった…

同じ仕掛けに作り直して誘っていると、コンコンと掛かります。

アジではない事は分かりましたが慎重に取り込むと、極小のクロムツです。

極小のクロムツ
ガッツリ掛かってたので針を外すのにクリップを握り過ぎてウロコが取れてしまい逃がしても可哀想なので持ち帰り美味しく頂きました。

満潮を過ぎて引潮で流れが変わったので呼子側に移動しましたが、アタリもなく撃沈。
そのまま帰宅しました。

鯖5鯵1クロムツ1

17cmの鯖が2匹。後は極小サイズでしたが、全て味噌和えつみれにしてもらい美味しく食しました。

今回はアジング目的でしたが、狙ってサバゲーをするのも楽しいかも!

2017年7月1日土曜日

これは便利!エサ箱 MEIHO BEIT 7

投げ釣りでゴカイは購入時に付いているプラケースに入れてもらってましたが、風が強い場合など、ひっくり返してしまいます。

万屋にてMEIHOと書かれた箱が300円で売ってあるのを見つけて即購入。

 MEIHO BEIT 7 

エサを買いに行くときに、この箱を持って直接入れてもらいます。そうすれば不要なゴミも出さずに済みます。

最初は滑り止めの砂(白い粉)が無しでしたが、白い粉は無いと困ります。
変な汁が出て来てヌルヌル滑って掴めません。

今では当たり前ですが、お値段以上に活躍している道具でオススメです!

関連動画
投げ釣り風景です。



2017年6月28日水曜日

ヤマガブランクスTシャツ

ヤマガブランクスのメンバーサイトからTシャツを購入しました。

ゆったりした着心地で、デザインも良く釣以外でも使えそうです。

ヤマガブランクスで購入

ブルーカレントに使用している社外のロッドベルトがボロボロになってきたので、合わせて購入しました。

あと、オレンジ色のステッカーが付いてきました。クーラーボックスに、1つ貼ってるので他に貼る場所を検討中。

エギケースに丁度いいサイズでしたがエギングでは使ってないし…。

アジング用にもう1本7フィート超えの長めのロッドが欲しいので、他社も含めて何にしようか検討中です。っと言っても、他を調べて触っても月下美人かブルーカレントのどちらかかと。

リール購入と合わせて検討してみます。

2017年6月25日日曜日

2017 梅雨シーズン投げ釣り in 福吉漁港

2017年6月23日 大潮 9時30分 満潮 曇り

天気は午後から大雨の予想だったので、早朝から福吉漁港へ。

5時過ぎに到着しましたが、沢山の車が停まってて普段通りの賑やいです。

波止場は人が多いのでのんびり釣りをしたいのでテトラ場をチョイス。

1本目の竿を仕掛けて放置して、2本目のロッドにエサを付けていると、置き竿がグイグイ引っ張られてます。慌てて巻くと大型のベラでした。

キスより引きが強いが狙いではない。ただ食するには問題ないのでキープします。

2本目のロッドには、先日自作した天秤を仕掛けます。

1本目の竿でキャスト、ライン調整していると、今度は2本目のロッドにアタリがあります。タイミングが悪くて忙しいです…。

中通しの天秤なのでアタリがダイレクトに伝わり竿が反応しますが、釣り上げたのはハゼです。しかもダブルで掛かってました。

ダブルで?ハゼ

その後は、小さなアタリがあるがなかなか掛かりません。

日が差し始めた7時頃には小さなベイトが集まり、沖ではナブラが見られます。

同じように投げ釣りでも反応がありますが、サイズダウンして釣れるのはこいつら。

針のサイズと比較。極小です。

結局は前半に釣れたキスが最大サイズ。でも20cm弱で先月に比べて全体的にサイズダウンしてます。

昨年の釣果と比較しても、キス釣りは5月末がベストシーズンかと思います。

6月末でも数釣れましたが15cm未満も混ざってます。幸いフグが掛かる事がなく安定して楽しめましが、これから本格的な梅雨入り、明けて暖かくなるとフグとの闘いが始まるのではと思います。


釣果

キスは小さいのを含めて10匹。

ベラが一番大きい



美味しく頂きました。

2017年6月21日水曜日

天秤の自作で大失敗

梅雨入り宣言してやっとまともな雨が降ったかと思ったが、翌日は晴れ。

今週末は大潮で時間帯も丁度良いので天気次第で投げ釣りに行こうと思います。

そんな中、かめや釣具でステンレス材を見つけたのでロッドで投げ釣りするための
小型天秤を自作しようと購入しました。

ステンレス材と発砲玉をチョイス。

材料


ステンレス材のサイズは何種類かありましたが、手に取ったのは
 ф1.4㎜

これが大失敗の要因でした。1本50㎝あるので、まず半分に切断。これも失敗。
しかもニッパーでも簡単に切れない。流石ステンレス!?

次に輪を作ろうとしても曲がらない。しかも半分の25cmに切っているのでなお更。

部屋のラック枠に掛けて無理矢理曲げても大きな輪になります。

硬いステンレス材


専用のループプライヤーがあればもっと楽に作れるのか、ダイソーにあるのか…

輪の間に大きな隙間があってステンレス用のハンダで埋めようと思ったが、
ここまでの出来の悪さに切れて、金属パテで埋め合わせ。

結局、出来たのは、1時間近く掛かって、この1本のみ!

4号エギくらいの大きさ

ステンレス材の太さは、 ф0.7㎜くらいがオススメかと思います。

とりあえず、今週末は、これで釣ってきます!

2017年6月11日日曜日

アジングでジグヘッド忘れ 「釣り具のオカベ」で緊急購入!

2017年6月11日 大潮 22時15分 満潮 曇り

夕マズメから居残りアオリを狙いに小友漁港へ。

春イカが通過するのを何度か見かけるが反応なし。

新子?400gサイズのアオリが何度も寄ってくるが最後までHITせず…。

日が落ちて、アオリイカは諦めてアジングの準備に掛かります。

流れがあるので1.5gのジグヘッドを・・・ケース丸ごと家に忘れてました。

せっかく呼子まで来たのに釣らずに帰るのは辛いので近場の釣具屋を検索。

「釣り具のオカベ」さんに直行。22時まで開いてます。

普段使用しているものはありませんがここでジグヘッドを購入。

さらに13gの「メタルマル」が、ほぼ全色そろってます。

メタルマル13g

1つ購入しちゃいました。

その後は、加部島・名護屋港に向かいましたが人が多くては入れなく、呼子港の常夜灯下で湾内のメバルと遊んでました。

メバル
極小メバル

湾内メバルはサイトで狙えますが、アクション付けながら引くと見えていない所から飛び出してきた奴が掛かります。

練習にはなりますが、直ぐにスレてしまいます。

すべてリリースし結局何も持って帰りませんでした。

2017年6月1日木曜日

ガイド トップカバー 富士工業 SHTC

先日、テトラ場でキス釣りをして、納竿時にトップカバーを落としてしまいました。

DAIWAのプライムサーフ T25には、専用のトップカバーが付いてます。

サイズはピッタリなのでカチッっとするまで閉まらずやり直そうとして手が滑りテトラポットに吸い込まれました。

振り出し竿を持って移動する場合は、トップカバーが無いと伸びてしまい困ります。

早速、通販サイトで検索して、汎用的なカバーを購入しました。

富士工業SHTC


富士工業には、「SHTC」・「HTC」・「HLTC」とトップカバーがあり、Sはファスナーで覆われて、「HTC」・「HLTC」は従来品に近いものでした。

今回はファスナー付きにしましたが、実際に装着してみると大きいです。

装着前後

ただ、これならトランクや押し入れなど、雑に収納した場合でも安心です。