2017年10月17日火曜日

2017 秋エギング in 相島

2017年10月17日 中潮 07時50分 満潮 雨のち曇り

新宮漁港より相島に渡り良型の秋アオリイカをGET!しました。

500gくらいの秋アオリ


青物も狙いましたが残念ながら釣れず...。

途中からは猫と戯れてました。

相島は、新宮漁港からのフェリーで、8時前に出航して9時頃に到着します。

帰りのフェリーも島を17時頃に出航します(片道460円)。

と言うことは、マズメを逃してしまいます。

常夜灯があり、夜は遠投サビキやタチウオも釣れてるらしいので、15時に新宮を出航して夕マズメから夜通し釣って朝マズメ終了してから帰航するのが良さそうです。

今回はエギングロッドにエギ・ジグの軽装で
レンタルサイクルを借りて遊んでました。

青物入れるクーラーボックスなど運ぶとなるとちょっと大変ですが、
夜通し釣るなら台車とクーラーが必要かなと思いました。



地図

2017年10月9日月曜日

アジ泳がせ釣り in サーフ

呼子方面にアジングに行きましたが風が強くて場所を転々。

名護屋港の桟橋の隙間から釣れる場所を見つけて、3匹釣って1匹は猫に盗られる…。

活かしバケツ上のアジ


その後、翌日泳がせ釣りを予定していた近場で、ジグサビキでアジ釣を試みるが
爆風で釣にならず、再度、桟橋に向かうと既に人が入っていました。

場所移動が大失敗です。

翌日朝も風が強そうなので、松浦方面に大移動。

朝マズメはエギングをしましたが1度アタリがあったのみで釣れず、
暖かくなると、活かしてるアジが弱るので泳がせ釣りに掛かります。

堤防が高いので仮に釣れても引き上げが難しいのでサーフを選択。

車中の温度も低かったので、活かしバケツのアジは元気まんちくりん!!

専用の2本針仕掛けで鼻フックとゼイゴに掛けます。

ゼイゴにフック

竿と重りがアンバランスであまり遠投に失敗。

泳がせ釣りは、そのまま置き竿の状態で、サーフエギングにチャレンジ。

こつこつアタリがありますが魚。手前までエソが寄ってきてるのが見えました。

サーフエギング


泳がせ釣りの状態を伺って竿で探ると、何だか軽い!!

巻いてみるとアジが居ません。しっかり針に掛けたつもりでしたが...。

エギングに夢中でアタリを逃したのか、暴れて逃げたのか...。



ちょい投げだったので、鼻フックが外れる事は無いと思いますがサーフ近場にも
フィッシュイーターが潜んでいるようです。




2017年10月6日金曜日

アジ泳がせ釣り準備

涼しくなってきました。

釣日和から一転、長雨となりましたが3連休は晴れそうです。

この連休では、ジグサビキでアジを釣って、活かして青物・マゴチを狙いたいと思います。

アジ釣ってマゴチ


水汲みバケツに、ジッパーで蓋が出来る便利な活かしバケツを購入しました。

蓋が出来るので、活かしたまま定期的に海水を入れ替え出来ます。

蓋つき活かしバケツ


色は暗い方が魚が落ち着くので、黒いバケツが良かったのですが白と青しかありませんでした。

これからの時期は涼しいので釣ったアジを、即クーラに突っ込むよりも活かして大物狙いかな。

2017年9月18日月曜日

2017 秋 エギング in 糸島 コロッケサイズ

2017年9月18日 中潮 20時00分 満潮 曇り

台風が通過して天気良かったので夕マズメに糸島方面へ。

船越漁港でジギングしようか、迷いつつ近辺の名前不明の漁港を発見。

まだ風が強いですが、風向きは追い風だったのでひょいひょいとキャスト。

PEがなびくので竿は立てずにショートジャークで誘うとアタリかな?

風でアタリが分からず巻いてみまがノッテいません。

偏光サングラスを無くして、追ってくる姿も見えません。

もう一度、同じ場所に投げてエギのポジションをキープするとスーッとアタリあり!

ちょいシャローのエリアですが、2.5号のエギで巧い事、誘う事ができたかと思います。

コロッケサイズの糸島アオリイカです。

2.5号エギにガッツリ

風とアタリがはっきり付いたので、それだけでも満足です。

もう1匹、エギと変わらないくらいの極小サイズのアオリイカを釣りましたがリリースしました。

帰りに、船越漁港に顔を出すと、潮が低くてもサゴシが釣れているようでした。

サゴシ釣れているようなので、今週末はジギングかな!


2017年9月14日木曜日

2017 秋アジング in 呼子 アジの糸0.3号で初釣行

2017年9月9日 中潮 23時10分 満潮 晴れ

朝マズメにエギングをして、一旦引き上げて日没後にアジングしに行きました。

ラインを『アジの糸0.3号』に巻き替えて初めてのアジングとなります。

0.8号のジグヘッドに、2.4インチワームを付けてゆっくり誘いますが、ショートバイトばかりです。

やっぱりラインサイズを0.2号から0.3号に替えたためか、吸い込みが悪いのかと気になります。

ワームを『メタボブリリアント1.5号』に交換するとやっと連発しました。

ラインの影響も多少あるのかと思いますが、豆すぎてワームが吸い込めてないだけと感じてます。

周りには沢山サビキアジ釣されてる方が居ますが、同じサイズです。

一度だけ、ググっーっと強い引きがあったのでサイズを期待しましたが針が脳天に突き刺さった状態でした。

脳天にHIT



ラインを替えて、明らかに異なるのは、太くなった分、伸びが少ないのか、新品だからか、アタリの感覚がダイレクトで大物が来たのかと思ってしまいます。

まだ感覚が掴めてない状態でドラグもアンバランスです。

ただ利点は、今までの0.2号では慎重に巻いてましたが、0.3号は余裕で巻けます。

そろそろアジに混ざって、サゴシも釣れてるので、尺サゴシなら釣り上げれそうです。

おまけのアオリイカ

アジング中に見えイカが沢山いました。アジと同じ極小サイズ。

でもエギを投げると、稀に見かける尺アオリが運よくHITしました。


2017年9月11日月曜日

2017 秋エギング in 長崎・松浦

2017年9月9日 中潮 11時00分 満潮 晴れ

朝マズメに干潮時に入れる地磯へ向かいました。

2度寝して、到着時間は6時30分。すっかり周りは明るくなってましたが、運よく一番のりでキャストしやすいポイントをキープ出来ました。

風も無くて海底が見える状態。シャロー付近から3号エギで丁寧に探ります。

何度か根魚にアタックされますがアオリイカの反応はありません。

10投しても付いてくる様子が見られたいので遠投用のマグキャスト3.5号に交換します。

大遠投して、着底から40秒くらい放置します。

大きく3回シャクった後に、また、十秒ほどステイ。

糸ふけを取ろうとするとHIT!

シャクる前に、ラインのテンションを確認する事で、秋イカのデリケートなゲソを切らずに対処出来ます。

300g程度の小ぶりでしたが、足に掛かっておらず慎重に上げました。

磯場の水場にキープします。

300gアオリイカ

シャローエリアで目視出来ないので遠投を攻める事にしました。

遠投した後は、十分放置して大きくシャクると、直ぐにHITしました。

エギに気付いていて、シャクリで捕食スイッチが反応するのかと思います。

2匹目は、400g程度ですが食べ頃なサイズです。

400g程度の右アオリイカ

今回、早朝で風も無く海底が済んで見えたので凄く釣りやすい状態でした。

動画

遠投から着底、時間をおいてシャクまでの様子を動画に収めました。



エギに気が付いているアオリイカの捕食スイッチを入れるようなイメージで誘ってます。


2017年9月4日月曜日

2017秋エギング in 大分・国東

2017年9月1日 若潮 18時40分 満潮 晴れ

9月になって急に涼しくなりました。

これからのシーズンは、釣日和で楽しみです。

仕事が忙しくて釣りに行けてませんが、別府方面に出張ついでに国東半島方面に向かいました。
エギングロッドと、ずーっと車載してたエギ1個のみです。クーラーなし。

国東半島は、数年前に1度来ただけであまり土地勘がありませんが、Googleマップで空港方面の漁港を探ります。

遠投アジ釣や、エギング、夜に太刀魚狙いの人、など大勢いました。
ただ、ここの漁港は物凄く広くて投げ放題!福岡みたいに密集せずキャスト出来ます。

最初は湾内の見えイカが気になりましたが100g未満、相手にせずに湾外に向かいます。

風向きがイマイチなので沖にキャスト出来ず、テトラ際を斜めに沿って探ると...。

1投目でHIT!。くいっっと引いて、想像していた秋イカより大きく食べ頃サイズ。

しかもガッツリ掛かっていたので、ぶっこぬき!

3.0号 ダートマックス

来て早々、釣れましたが竿1本のみで袋も持たず、このままエギにぶら下げて車に戻りました。

車には、コンビニ袋があったので、それに詰めて...。

でもクーラーボックスがないので、この1匹1投で帰りました。

道具は竿1本で波止に行き、1投で釣り上げて堂々と帰る。ちょっと満足です。

時間と準備があれば、ランガンしたのですが、良いポイントなので、また来たいと思います。

帰ってからGoogleマップで調べましたが、周辺は他にも良いポイントがありそうですね!

次回は、エギングだけでなく、サーべリングにもチャレンジしたいと思います