2018年2月9日金曜日

メバリングでイカが? in 唐泊漁港

2018年2月9日 大潮 22時20分 満潮 曇り

唐泊漁港の常夜灯の光が微かに落ちるテトラ側で良型のアジが釣れてるとの事で、
ちょこっとアジング・メバリングに出掛けました。

アジが釣れても回収時にテトラに3匹も落としてしまいました。タモがあれば...

結果は、小ぶりなアジが11匹。良型メバルが1匹。アラカブ1匹でした。

ついでに、極小のイカが1杯?

アラカブの口から出てきました。

何イカ?

何イカか不明です。目だけハッキリしてます。

メバルのお腹には、小さなキビナゴがパンパンに詰まってました。

調理前の魚

2018年2月5日月曜日

見た目は気持ち悪いが食べると美味しい

ちょっと見た目は気持ち悪い手長タコ。

護岸を這って動く姿も独特です。この世の生き物では無さそう。

でも美味しく調理しました。

たっぷり塩を付けてもみます。

足が長いのでスルーっと先まで丁寧に、小石が吸盤に挟まっていない事を確認します。

塩もみ後の手長タコ

次に、ボウルに入れて、ケトルで沸騰させた熱湯を注ぎます。

茹ですぎると硬くなるので、ボウルに入れて色が変わるのを確認、
ぬめりも熱で固まり、冷水で冷やします。

この状態なら美味しそうなタコ

硬くならない程度に、湯引きを2度繰り返します。

まな板に載せると、芸術的な足絡み具合。

足先を見るとミミズを想像しちゃう

後は丁寧にぶつ切りにして、お米と一緒に炊飯器に入れます。
オススメは油揚げも切って入れると美味しいです。

っで、出来た炊き込みご飯は、写真撮るのを忘れて完食しちゃいました。

2018年2月4日日曜日

爆風・邪道エギング イカ釣れなかったが・・・

2018年2月3日 中潮 23時15分 満潮 曇り

最強寒波到来ですが、ツツイカ釣りに行ってきました。

邪道エギで浮き釣りしても、風が強くて流され気が付けば根掛かり。

エギをキャストしてもPEが弓のように出てます。

アジングを試すと、凧のようにラインが出続けて着水しません。

それでも、釣りを諦めず、浮き下を短くして足もとにポチャリ。

護岸際まで流れて来た浮きをしばらく放置していると、ゴミが・・・。

手長ダコ

ゴミと思ったら手長タコでした。

ライトで足元を照らすと、もう1匹居ます。

エギングロッドに持ち替えて、エギをタコに近づけると長い足で抱き付きました!!

2匹目をGET!!

ペアだったのか?

当初の予定では足の短いヤリイカ狙いでしたが、足の長いタコが釣れました。

気持ち悪い見た目ですが、食べれば美味しいので持ち帰りします。

爆風でも釣場を選んで諦めなければ何か釣れますね!

2018年1月31日水曜日

邪道エギ ケルベロス型

最近使っていない古いエギにキビナゴを巻きました。

安定させるために、両脇にセットして、三角コーナの水切りネットで巻いてます。

両脇に1匹ずつ

上から見ると3匹並んで見えます。

ケルベルス型のエギ

キャストした後は、十分沈ませてシャクらずに、ゆっくり巻けばHIT間違いなし!?

今は、この状態で冷凍庫に入れて保管。

次の釣行で釣れたら結果を報告します。

2018年1月28日日曜日

残りおかずのキビナゴで邪道エギング

先々週の晩御飯。鮮魚コーナーで見つけた

『お刺身用キビナゴ』

おかず&釣り餌


邪道で使うのは勿体ないので、半分は刺身として食しました。

刺身です


残りは、もちろん邪道エギに巻き付けました。

キーストンの邪道エギ

巻き付け時に、絞めすぎると身がちぎれるので、三角コーナーのネットで覆って
針金で巻き付けてます。

釣場について巻くと寒くて悴むので、家で事前に巻いて、ラップに包んで冷凍してます。

ラップに巻いて冷凍

今週末は、釣に行こうか、迷ったあげく強風が気になり断念しました。

その後、釣具屋の釣果を見ると大量だったようです。せっかく準備したのに!

来週は、天気が良ければ出掛けようかな。