2024年7月15日月曜日

2024 福岡・かもめ広場発 イカメタルでケンサキイカ

 2024年7月12日 小潮 25時30分 満潮 曇り

気温:24度〜30度


初めてのイカメタル釣行、一番心配だった天気は予報が外れて曇りに変わり無事に出港。

曇天


百道


18時過ぎに、かもめ広場から出て50分くらい船に乗ってたのですが、意外と距離があり

玄海島を過ぎたあたり。19時でもまだ明るく最初のラウンド開始。

水深は40mで25号のイカメタル浮きスッテ2本で探ります。


開始直後に、隣の人がHIT!。小さいイイダコ。でもリリースしてました。

それから、数名が1匹掛けただけで、21時まで自分は釣れませんでした。


20分くらい場所を移動して第2ラウンド開始。水深は50m。

底から探っていくと早速HIT!。

小ぶりな剣先イカ

底から3巻した46m付近で、一番上のスッテに掛かってました。

その後も45m付近を漂わせると掛かります。

ちょっとサイズUP

明かりで段々レンジが上がったのか、掛かるタイミングがバラつき始めたのですが、

底から5mくらい上げたところでステイさせると掛かかってました。


あたりに気が付くのが遅れたせいか、一瞬重たくなって巻き上げると魚に喰われてました。

喰われた

その後、2連チャンで喰われましたが、ポツリポツリと釣れて30分延長して貰って終了。



一番大きいサイズが船壁に当ててバラしてしまうし、3本仕掛けでちょっと苦戦して

他の人より釣果が少なくてく悔しいです。

同じイカメタルでも、黒色ラインの仕掛けで、良くなかったのかなぁと思います。

2024年7月6日土曜日

イカメタルに初チャレンジ

梅雨明け間近で日中はかなり暑くなって釣りができる状態ではありませんね。

例年、夏は大人しく涼しいところで過ごしていたのですが、

最近イカメタルの番組・釣果も多くあがってて、今年はチャレンジしたいと思ってます。


早速、釣具屋に出かけてイカメタルオモリグのコーナーで物色し

色々な種類があり悩んでいると、同業さんに聞いてみたら、

いろいろアドバイスをしてくれました。

20号・25号のイカメタル

結果、オモリグは難しそうなので、イカメタルにチャレンジすることにして

20号・25号をそれぞれ2本ずつ購入。

浮きスッテはAmazonで購入する事にしました。

イカメタルリーダー

リーダーは、浮き釣り用に、自作したのがあるのですが、
失敗すると船代も取り戻せなくなるのでメーカー品を2セット購入。

タイラバロッドで、150cmとちょっと長そうなのが気になりますが、

最初は水深を観測するためベイトリールを使用、

その後はスピニングロッドに切り替える予定です。


購入したイカメタルは2種類ずつ、合計4本購入しました。

YO-ZURI 「鉛スッテ四ツ目」20号を2本。

四つ目

メジャークラフト 「BIGEYE METAL」25号を2本。

ビッグアイ・メタル

釣り場の水深や流れがどれくらいなのか分からないのですが、

福岡からなら、これくらいのサイズで良いとの事でしたが・・・


2週間後の出船日を決めて船を予約したのですが、梅雨しているか心配です。






2024年6月23日日曜日

セフィアクリンチフラッシュブーストを修復

春の釣行遠征は少なく、結局は良型春アオリイカ釣れず・・・


九州も梅雨入りで簡単に釣りができるシーズンではなくなりました。


せっかくの休みも天気悪かったので、以前拾ったエギの修復に着手しました。


サビと汚れがついたエギ

布が貼ってあった接着剤についた汚れと、シンカーが錆びてます。

まず、これを落とすために、歯ブラシでコスって・・・表面の汚れしか取れません。

サビと白化した汚れは、濃いめのクエン酸につけて落とします。

写真は1日経過後

容器に入れたまま、すっかり忘れて1週間以上、浸けてました。


取り出すと、白化している部分が少なくなり、接着剤も簡単に剥がれました。


真っ白だった目の部分はかなり綺麗に落ちてます。

汚れは落ちたが・・・

ただ、シンカー部分の緑サビは落ちたのですが、赤茶色になってました。


鉋も問題なさそうなので、これでとりあえずはエギングは出来そうです。


フラッシュが目立ち過ぎるのと、シンプル過ぎるので、

ヘッド部分はペイントしようかと思います。


2024年5月11日土曜日

2024 平戸・生月 禁漁前のエギング・あごだしラーメン「大氣圏」

2024年4月28日 中潮 10時30分 満潮 曇り

気温:16度〜22度、水温:18度


GWは平戸・生月島まで遠征に出かけました。

5時前に到着してアジを釣って泳がせてイカや大魚を狙う予定でした。

月明かり

マズメでも何も反応なく、刺し餌でベイトを狙って釣れたのがネンブツダイです。

泳がせネンブツ

このネンブツダイを泳がせてたのですが、
最初の1匹は、片側半分が何かにツツカれたようにウロコが無くなってました。
でも、生きていたのでリリース。

その後、2匹で再チャレンジしますが何も釣れず!

浅瀬藻場

暗い時間から居た7名程の釣人も、すべて撤収。入れ替わり数名入ってきましたが、
誰も釣れず、漁港周辺を散歩しました。

また秋イカを狙いに10月に行ってみたいと思います。

その後は、野営場でカップラーメンでも作ろうと思って行ったら、
改装されて立派なキャンプ場?になってました。

ぽかぽか気持ちよかったので、大バエ灯台からの景色を眺めに行って、
11時30分からスタートのラーメン屋で昼食。

「大氣圏」に12時前に到着すると既に並んでましたがちょうど、
入れ替わりの人とタイミングが良くて、少ししか待たずに入れました。

大盛り

餃子ラーメンを注文したのですが、サイズを聞かれたので、
ついつい「大盛り」を回答して少し後悔。

食べすぎたので館浦で橋を眺めながら休憩しました。

生月大橋

湾外では、撒き餌・浮き釣りで、大型のチヌが連発してました。

湾内では、エギングしていた人がコウイカを釣ったのですが、タモ入れに失敗。

それを見て、自分もエギングを再開したのですが、反応なし。

結果、朝から昼過ぎまで生月で何もつれずに撤収しました。

2024年4月27日土曜日

2024 春エギング in 福岡・西浦漁港でテナガダコが釣れました

2024年4月25日 大潮 23時00分 満潮 曇り


平日、夕飯後に西浦漁港にちょいエギングをしに出かけました。

ちょうど入れ違いで波止先端が空いたのでそこから沖波止を狙ったり
湾内を目掛けてキャストしてのですが、空振り。

ちょっと濁ってベイトも少なく、アジ釣りの人も掛かってませんでした。

ただ平日夜でもテトラ側には多くの釣り人がいました。

22時に一度、常夜灯が消えたのですが、数分後に再点灯。
そこから30分粘ったのですが何も反応なし。

撤収しながら湾内をみたら護岸に沿ってテナガダコが泳いでました。
竿は収めてたけどギャフを腰にぶら下げていたので、ギャフで救いました。

テナガダコ


90分程度の釣行でタコが取れたので、まぁ良かったのかなと思います。

肝心の春イカは見ることが出来ず、GWに再チャレンジです。

2024年4月21日日曜日

DUEL マグQ タングステン ネオンフラッシュとSUPER BLUE GLOW488

DUELのマグQ タングステンを3つ購入しました。

 最大飛距離70mオーバーとぶっ飛び!


先日、最後のマグキャストをロストしてしまいましたが、そこまで差異はありません。


選んだカラーは「モンスターマスター」どんよりレッドお月見パープル3種。

3.5号3つ

「紫外線発光ケイムラ」とシステムカラー「ネオンフラッシュRED」

今までのケイムラと何が違うのって、ケイムラ(蛍光紫)は紫波長
の波長の蛍光(ネオン)をこのように名前つけてるみたいですね。

YAMASHITAでは「ネオンブライト」DUEL「ネオンフラッシュ」似てますね。
その名の通り、漢字かカタカナかでパクリではありません。

余談ですが、ノアブライトというLED蛍光灯もあります。
また、有名なブライトノアという艦長もいまね。

2024年4月14日日曜日

2024 春エギング in 鷹島・竹ノ子島

2024年4月13日 中潮 24時50分 満潮 曇り

気温:24度〜18度

天気も良く風もなかったので釣りに出かけました。

潮は夕マズメが干潮となるので、干潮時に入れる地磯狙いで鷹島へ。

到着してブーツに履き替えていたら磯から出てきた人に遭遇。
様子を聞いたら藻が生い茂っていて釣りにならないとのことでした。

磯はあきらめて漁港からの泳がせ釣りに変更。

跳ね上げ


日没まで時間があるので泳がせ釣りで使う魚を狙います。

アジは釣れず、ベラメバルカサゴネンブツダイを釣りました。

ベラは硬すぎて泳がせ仕掛けにセットするのに苦労して直ぐに元気なくなりました。

次に泳がせで使うにはもったいない良型メバルを掛けてキャスト。

メバル泳がせ

メバルは元気で浮きが右に移動してピタッと停止・・・
浮きは沈まず停止している箇所に浅瀬があり潜られ・・・

出てくるまで粘りましたが浮き下の仕掛けがロストしました。

購入して1度の釣行でロストは痛い。

別の仕掛けで泳がせ釣りは続行。でもアジは回って来ず餌はネンブツダイ

エギングと泳がせの二刀流で粘っていたらゴミかと思ったらブシューっとHIT!

ケンサキイカ?ヒイカ?

春に釣れたので大きさは関係なく春イカです。

その後は、多くの釣人が入れ替わり来ましたが釣れてもアラカブ・ネンブツダイのみでした。

風も無く期待出来たのですが、釣れる気配はなく微妙は潮でした。

泳がせで用に活かしバケツに入れてた魚はリリースしました。

アラカブ

泳がせていた魚もまだ生きていたので無事にリリース!?

2024年4月9日火曜日

2024 春エギング ・アジング in 呼子

 2024年4月6日 中潮 19時45分 満潮 曇り〜雨

気温:21度〜13度

朝マズメで坊主だったけど、良型アオリイカが回遊しているのが確認出来たので、
夕マズメを狙って再チャンレンジしました。

19時までは風が強くて、PEラインが舞い上がるので釣り辛く、
ジグやワームを投げて遊んでました。

20時過ぎてアジングアジ2匹のみ。しかも想定外の小雨が振り始めました。
15分くらいで雨があがる予報だったので車で小休憩。

21時から海をみたら潮も低くなりかけてますが風・波もなく
アジが湧いているのを確認できます。

しかもアジが浅場まで来ていたので表層を攻めるとガツンとHIT!

25cmアジ

その後も足元の浅場までアジが来ていたのでアジングワームを通そうとしてたら
岸から30cmもないところにペットボトルみたいなのが浮いてます。

よく見たらアオリイカでした。タモで救える距離ですが慎重に!

直ぐにエギングロッドに持ち替えてエギを通すとアオリイカが反応。

ただ警戒してずっとエギの様子を伺ってます。エギを真横から見てました。

水深は70cmくらい。

エギを着底させて、たまに、ゆっくりサビくと、イカが反応。
エギの後方に回り込んで捕食ポーズを取り20秒静止。

そしてガツッと抱いて掛かってくれました。

メスのアオリイカ

メスの良型のアオリイカです。

常夜灯はありますが、夜にサイトで釣れたので嬉しいですね。
エギを止めるてアピールさせるのも大切なんだなーと思いました。

雨上がりの21時からの1時間が、チャンスタイムでアジも連チャン出来しました。

何か潮が変わって小魚が入ってきたのですかね。本当にラッキーでした。

釣果


アラカブも釣れましたがリリースしてます。

2024年4月7日日曜日

2024 朝マズメからの登山でタラの芽

2024年4月6日 中潮 7時40分 満潮 曇り

気温:12〜21度

朝マズメ狙いで6時に釣り場に到着。

2年ぶりくらいに来た釣り場で、すっかり様子が変わってました。

2時間頑張ったのですが、結果、釣れませんでした。

でも足元に良型アオリイカが回遊してたのが見れたのでテンション上がりました。

朝マズメに失敗しましたが、昼からは登山へ。

昼食は牧のうどん

ごぼう天うどん・かしわ飯

いつもながら、麺が多くお腹いっぱいになりました。

13時頃に登山道麓に到着して、そこから、食後の運動を兼ねての登山です。

なだらかな林道を進んで行くとタラの芽を発見。

伸びすぎタラの芽

ちょっと大きくなりすぎてますね。

桜と同じ時期と思ってましたが気温差があるのですかね。

どんどん進んで行くと、山頂を目指す山道に!

木の枝が掛けてある

ウインドブレーカーを着てましたが、ちょっと熱くなり前を開けて歩きます。

そして20分くらいで山頂に到着。



うっすら靄が掛かってますが海まで見渡せます。

山頂の山桜はもう葉っぱになってましたが、
他のピンクで綺麗な花が咲いてました。



結果、タラの芽は4本のみ取れて持ち帰りました。



明日の晩ごはんは、タラの芽の天ぷらですね。

2024年3月10日日曜日

2024 呼子ロッジ下でショアタイラバ&ジギング

2024年3月9日 大潮 20時50分 満潮 晴れ

気温:12〜4度

久しぶりにぽかぽか天気の良い週末で潮も良かったので迷わず釣りに行きました。

ショアからタイラバが投入出来そうな場所を考えて呼子ロッジ下を選択。

先端より少し手前から外向きに投げて底を取ると根掛かり、1投目でロストです。

次は内側に投げると思ったより浅い。でも根掛かりせず誘えます。

3投目、10巻・フリーフォールを繰り返しているとガガガっとアタリ!
でも結局掛かりませんでした。

小物狙いでマイクロジグに切り替えてキャストすると早速HIT?

ベイトがHIT


ベイトがトレブルフックに掛かりました。

日没寸前からアジングしている人にアジが入れ食い状態でした。

自分はジグ単を持って無かったけど、マイクロジグで狙って5匹掛けることに成功。

入れ食い40分前


日没からはヤリイカを狙ってエギウキの二刀流で攻めたのですが、
ライントラブルで大きく時間をロスト…。

周りで21時まで粘って周りで釣った人は1人が1杯のみ。

ロッジ下は、先端より手前の方が良いのかな・・・

手前の湾内が良さそう


夕マズメの一瞬だけ釣れて、それ以外は退屈でした。

ジーラ

釣れなく早めに帰ったのですが、楽しみの釣り場ラーメンは今回も実行。
ジェットボイルでも、風で中々火が付かず焦りました。

カップヌードル 欧風チーズカレー

釣果

夕マズメの一瞬だけ、表層から5カウントで入れ食い状態で釣れたアジ

5匹のみ

サイズは最大でも20cmくらい・・・

2024年3月5日火曜日

Hapyson 2点発光でアタリが取りやすい電気ウキ

電気ウキの電池を交換しようとしたら、誤って破壊してしまいました。


3号エギ

原因は、釣りを終えた後に電池を取り外す時に水滴(海水)が付着して固まり

ネジ山が塩噛みして開かず。力強く回したらボキッと折れてちゃった・・・


でも壊れてもLEDは点灯します。

シャア専用ザク

これをモノアイに使えるな〜っと思いましたがクリ抜くのが勿体ないのでヤメときます。

↓は別のウキですが、こちらも塩噛みで開閉に力が必要でした。
でも太いので今までは助かっていたのかな。

塩噛


更に、先々週、根掛かりて電気ウキをロストしたので早速購入しました。

Hapyson 2点発光

Amazonで1400円。

電池付きで、他の電気ウキは宅配BOXでの受け取りがNGでしたが、このウキはOK.

なんでだろう。その基準が分からないですね。


電池1本で2点発光なので明るさが気になりますが、150m先でも視認出来ると記載されてます。

2点発光は、イカみたいに食い上げた場合、ウキが倒れて判るメリットがあります。試しに室内で点灯させると・・・

ライトセーバー

2点というより全体が光ってますね。
シスライトセーバーみたい。

これは海面ではどんな感じでみれるのかな。

他の釣師が2点式使ってるのみて良さそうと思って購入したのですが、同品なのか不安ですね。

2024年3月2日土曜日

2024 ヤリイカ エギング in 糸島・野北漁港

 2024年3月2日 中潮 01時15分 満潮 晴れ

気温:2〜7度

3月になったけど、また寒くなりましたね。
暖冬でヤリイカ釣れるのが遅くなったとか言われてますが、もう3月。

ラストチャンスを願って今週も釣りに行きました。

呼子まで行く気力がなく糸島野北漁港へ24時頃に到着。

週末なので、この時間でもかなりの人が居ました。
でも湾内にキャスト出来る場所が空いていたのでラッキー。

心配していた風もそれほど強くなく潮のタイミングもちょうど良いです。

浮きが壊れたので浮きスッテ用の竿1本とエギングの二刀流で攻めます。

30分くらいして浮きスッテにHIT!

裏面ヤリイカ

それから3分後に、隣の人も釣れたので写真を撮っている場合では無く全集中!

でも湾内回遊1回目を逃してしまいました。

潮が引きはじめて1時間後にチャンス到来!隣人と同じタイミングでHITしました。

ピンボケ

追尾していないか様子を見たら数匹いたのですが、ライトを直射しすぎて逃げて行きました。

この失敗の後は釣れず・・・

2024年2月18日日曜日

LIR425 電気ウキ用PIN方電池 USB充電器

以前購入したUSB充電器が使えなくなったのでAmazonで新たに購入しました。

LIR425

価格は313円。Prime会員なので送料は無料でしたが到着まで2週間かかり、

電池も付いているためか、Amazonの共用ロッカーでの受け取りはダメでした。


白袋で梱包

自宅の郵便受けに入る梱包だったので再配達の手続きなく受領出来ました。


説明書は特になく箱裏面に漢字で記載されてます。

裏面

注意書きの内容が中国語で分かりませんが、Googleレンズを使って翻訳できます。

穴は4本ありますが、充電できるのは、中心の2本。

残り左右端2本は、ストック用に刺す穴です。

充電中は緑点灯

電池を指して充電器をUSBに接続すると、緑色のLEDが点灯します。

充電が完了するとLEDが消灯するので分かりやすいです。


だいたい4から5時間程度で充電が完了するのですが、

自分が使用していた1本の電池は何故か緑点灯したままとなって

電池が寿命なのかと思ってます。


電池メーカからは、充電式ではないと明記さてます。

出火の恐れもあるので、目を離した状態で充電したままにしないようにしてます。

*以前使用していた充電器に関する記事はこちらです。